自作のCDを素早く

デュプリケーターが登場するまで

メディアの複製をする事で情報発信をする人が増えています。バンドや同人活動に勤しんでいる人にとって、メディアを複製する事は重要です。自身の作り上げた作品を多くの人に触れて貰うためには、メディアをコピーする事は常套手段だったからです。 以前は工場に発注する事でその目的を果たしていましたが、少数しか発行しない場合には出費が大きくなりがちでした。なぜなら工場の生産ラインを稼働させるためには、少数の複製では元を取る事が難しかったからです。工場への依頼料金が原因で発注量を多めにした挙句、在庫を抱えてしまう問題が発生していました。 その問題点を解決するために登場したのがCDデュプリケーターです。個人で購入できる機器であるため、複製にCDデュプリケーターを利用する人が激増しました。

狭い範囲で活動する人にCDデュプリケーターは重用される

限られた範囲で活動をするアマチュアにとって、CDデュプリケーターは便利なマシンです。業者へ複製を依頼する事は大量発注以外には不向きです。一般的に500以上の複製数が元を取る最低ラインと言われています。500以上のメディアを流布できる活動をしている団体が、アマチュアにおいて少数である事は相違ありません。 CDデュプリケーターは数十万円で購入する事は可能ですが、スペースを取ってしまう欠点があります。それを解決するためにはリース契約を利用する事です。リース契約であれば一時的な活用に適しているため、年中使わない限りコストパフォーマンス面でも優れています。アマチュアと呼ばれる団体のCDデュプリケーターの導入が、今後も増加する事は間違いありません。