効率のよいCD作成を

メディア複製機器の価格の推移

CDデュプリケーターと呼ばれる機器があります。CDをコピーするために作られたマシンです。パソコンにソフトウェアをインストールする事で、メディアにコピーをする事は可能ですが、1枚ずつしか複製を行えないという欠点があります。CDデュプリケーターはそのウイークポイントを解消した画期的なマシンなのです。 CDデュプリケーターの値段は以前よりも安くなっています。つまり初めて利用する人でも手が届きやすい存在になったという事です。パソコンの専用ソフトを使えば複製を行えるため、CDデュプリケーターを利用する人は少数でした。それが値段の下落によってユーザーの幅を広げています。価格破壊が進む事で更にファンを獲得する事が予想されます。

CDデュプリケーターが登場するまでの経緯

自宅でコピーを行えるようになるまでは、業者に委託する事でメディアへの複製を果たしてきました。それが変化したのはパソコンのハードディスク容量が大きくなってからです。ハードディスクの容量を存分に利用できるようになった事で、複製ソフトの動作に問題が生じなくなったからです。 コピーが気軽に行えるようになった事で、ユーザーの持つ望みも1段階レベルアップしました。それは複数のメディアを同時に複製したいという需要です。単一のメディアしか複製対象にできなかったため、複数をコピーするには作業時間を多く要しました。工場に依頼する事でも解決できる問題ですが、利用料金が高いため少数の発注には不向きです。その点を解決するために登場したのがCDデュプリケーターでした。